鎌倉腰越 “夫婦で楽しくお茶する場所”

フリールームの完成

腰越の谷を越えて、江ノ島や富士山を望む事が出来るMさんのお宅は、築18年を迎える在来木造住宅。

お子さん二人も成人して、もうしばらくするとご主人は定年を迎える。
「夫婦二人のこれからの生活を充実させるために、快適な住空間を作ってみては?」とお子様の提案がキッカケとおっしゃるMさん。一時期は新築も検討されたと言う事だが、費用の点、又愛着の有る住まいを無下に壊したくなかった事、「絶対に住みなれた家の増改築がいい」と友人に勧められたこともあり、キッチンの設備を新しくし、南の庭に遊び心の有る部屋を増築することにした。
長年大切にしてきた庭の木々を傷つけたくなかったので、面積を当初の計画より小さめとし緑に配慮して、細長い6帖分のスペースを増築することに決定。室内は、緩い勾配天井に松の化粧梁をあしらい、コーナー出窓には、温かみの有る感じを出すために、近頃珍しい「名栗柱(なぐりばしら)」を使って、床にはイタリー製の赤いテラコッタタイルを張り込んでみた。外のウッドデッキは、西側の谷や、なだらかな丘を見渡せる絶好の場所。オレンジ色の落陽が鮮やかだ。デッキ廻りの樹々は、春から夏、秋と四季折々美しい変化を見せてくれる事だろう。
サンルームとも言える遊び心の部屋は、期待どおり、夫婦でお茶を飲んだり、友人達とお喋りするのにふさわしい空間となった。

工事データー

在来木造住宅 築18年 2階建て  外装工事、屋根工事
敷地面積 264㎡(80坪)
増改築床面積 12坪(内増築 3坪)
工期 50日

施工写真

工事前:外観

工事前:外観

工事前:リビングルーム

工事前:リビングルーム

工事中:増改築部分の骨組み完了

工事中

工事中:床にデラコッタタイルを貼り込み中

工事中:床にデラコッタタイルを貼り込み中

工事中:山々が見渡せる場所に ウッドデッキを造作中

工事中:床にデラコッタタイルを貼り込み中

完成間近

工事中:床にデラコッタタイルを貼り込み中

米松の梁を見せた、ゆるい勾配天井

米松の梁を見せた、ゆるい勾配天井

フリールームの完成

フリールームの完成

既存のリビングルームと増改築部を つないだ部分、アール型のかべにしました

既存のリビングルームと増改築部を
つないだ部分、アール型のかべにしました

名栗柱(なぐりばしら)をアクセントにした L字型の出窓

名栗柱(なぐりばしら)をアクセントにした
L字型の出窓

奥様のお手持ちの家具が、 遊び心のある部屋にぴったり収りました

奥様のお手持ちの家具が、
遊び心のある部屋にぴったり収りました

山茶花の花をとりこんだ自然いっぱいのウッド デッキ。これから、ここでお茶するのが楽しみです

山茶花の花をとりこんだ自然いっぱいのウッド
デッキ。これから、ここでお茶するのが楽しみです