IK工法住宅・地震に強い木造3階建て住宅

IK工法は、無垢材を超える高強度の構造用集成材等エンジニアードウッドを用いることで、構造を間仕切りから開放し今まで密すぎた構造材の数を減らし配置を平均化することができました。材質の安定度も無垢材よりはるかに高く、接合部の強度を踏まえて、最もバランス良く、構成されたのがIK工法です。性能を数値化しにくく、質にバラツキのある無垢材では不可能です。

IK工法の優位性と特徴

IK工法は、主要構造部分はすべてJAS構造用集成材・構造用パネル等を使用し、接合金物は試験によってその強度は実証されており、より強靭な躯対構造を実現しました。「住宅性能表示制度」のすまいの安全・安心に最も大事な項目”構造の安定に関すること”において、倒壊・損傷の防止等級の最高級を取得しております。お客様のご要望によって等級1~3まですべて構造チェックし供給しております。他にも、建物内部に構造柱が少ないため大空間の設計や、ご家族の構成や成長に合わせて柔軟に間取り変更ができるなど、いろいろな特徴を持っております。また、狭小地における3階建ての1階間口に壁のない駐車場や店舗など、自由な設計が可能です。

IK工法の法的根拠

木造建設の強さと耐久性を、最新の建築テクノロジ-でさらに進化させたのが伊藤忠建材の「IK工法」。伝統的な軸組工法との大きな相違点は構造にある。軸組工法の家はその荷重を外周部と内部の柱で支えるのに対し「IK工法」の家は建物を外周部に配した柱で支える点が特色だ。さらに床・壁・屋根の6面を構造用面材で構成することにより、剛性を高めている、しかもこれは建設基準法に基づき構造計算されたもので、科学的に安全性が裏づけられている。これにより「IK工法」の家は建物内部が少ない柱で済み、大空間で開口部が広くしかも自由な間取りの木造住宅が実現できる。